色と食の教室 diaria◎

「色」と「食」を通して「頑張らず、楽に生活する」ことをお伝えしています。

【二十四節気】「霜降」2018

f:id:suzukiaya:20181025010814j:plain


みなさま、こんにちは!
鈴木 綾です(^o^)

 

朝晩冷えるようになってまいりました。
前回は感冒についてお話ししましたが、お風邪などひかれてないでしょうか??
寒暖差にやられやすい時期です。
いつも以上に身体を大切に過ごしましょう!

 

さて、秋ということで、金行に関わることを立秋からお話ししています。
ここに当てはまる感情は「憂、悲」。

 

秋になってわけもなく涙が出る…
なんだか悲しい気分になる…
繊細さが増しているような気がする…

 

そんなかたは「燥邪」の影響を受けて、肺が弱くなっているのかもしれません。
(感情、邪気、臓腑の五行相関図はこちら↓)

f:id:suzukiaya:20181025011337j:plain

 

秋分」では乾燥に耐えている肺に対して、血や津液を増やすことで肺を潤す【滋陰潤肺】の薬膳をご紹介しました。

 

今回は潤すのが間に合わない上、すっかり肺が弱ってしまった(乾燥するだけでなくもなくなった状態)の場合のお話です。

具体的には、
・免疫力が減るため、風邪をひきやすくなる。
・鼻水が止まらなくなる。
・咳が続く。
などの症状が出てきます(感冒ですね)。

 

それが長く続くことで、気持ちにも影響が出てきます。
中医学では「心と体はつながっている」と考えるのですが、
それはこんなかんじ↓

f:id:suzukiaya:20181025011741j:plain


肺が弱って、それが長く続くと憂いたり、悲しい気持ちが起こりやすくなります。
そして、その逆もしかり。
悲しい気持ちに浸りすぎたり、憂う期間が長くなると、肺が弱ってきます。

 

私が悲しい気持ちのときを振り返ってみると…
うつむいて涙をながしたり、
伏せったりしていることが多いような気がします…

泣きすぎるとしゃくりあげて呼吸がうまくいかなくなったり、
うつむいてばかりいると背中がまるまり、浅い呼吸になります。

 

肺は呼吸をすることで新しい空気を取り込み、規則的な呼吸は心臓と協力して血液の運行を調節しています。

乾燥を放っておいても、悲しみに長く浸かっていても、肺が弱る原因となります。

 

今回は肺がすっかり弱ってしまったあなたに、気を補って肺を強くする【益気養肺(えっきようはい)】の薬膳「赤米ごはんとろろがけ、蕪とエリンギの味噌汁」をご紹介します!

 

【益気養肺】の薬膳「赤米ごはんとろろがけ、蕪とエリンギの味噌汁」

 

材料(2人分)
・赤米(甘/温、脾・胃・肺、補中・補気)…小さじ2
うるち米(甘/平、脾・胃、補中・補気・健脾)…1合弱
・山芋(甘/平、肺・脾・腎、健脾・補気・潤肺)…8cmくらい
・蕪(甘苦辛/温、脾・肺、補五臓・降気・滋陰)…1把
・エリンギ(甘/平、肺・腎、補陰)…大1本
・味噌(甘鹹/温、脾・胃・腎、温中・降気・解毒)…大さじ3加減
・出し汁(顆粒だしでOK。今回のおすすめはかつお)…2カップ

 *かつお(甘/平、腎・脾、補気・健胃・益精)
・お好みで醤油(とろろごはん用)

 

作り方

①赤米とうるち米を混ぜ、1時間ぐらい水に浸し、炊く。

②山芋はすっておく。

③出し汁に切った蕪とエリンギを入れ、味噌汁を作る。

*季節柄お腹を温めたほうがよいと思い、味噌汁にしました。

 

私も作ってみました↓

f:id:suzukiaya:20181024145845j:image

 

お腹にも優しそうな薬膳になりました。
働き盛りのかたは肉が欲しいでしょうか…。

 

今回のように、気を補うときは帰経が脾にあるのもポイント。
五行相関図をもう一度見返してもらうと↓

f:id:suzukiaya:20181025011951j:plain

 

脾から出た実線矢印は肺に向かって伸びています。
これは「相生(そうせい)」と言って、まるで親子のように、矢印の先の臓腑を育てるという意味。
脾を強くすれば、肺も丈夫にすることができる、というわけですね。

 

あと2週間もすれば立冬
冬がやってきますよ〜!
今のうちに肺を鍛えておきましょう(>_<)

 

「心と体がつながってるっておもしろいな〜」
「五行、興味あります」
「私の好きな秋の食べ物は…」
などなど、中医薬膳に興味を持たれたかた、食べるのが好きなかた、ぜひご連絡ください
お待ちしています(^人^)

 

*鈴木綾についてはこちら
中医学を用いた体質チェック(薬膳のすすめ)はこちら


*次回「立冬」は11/7頃を予定しています。

(今年はちょっと遅いのね〜)
 お楽しみに☆☆